夢を追うあまり自分を見失ってはいけない

0-07
27歳(男)フリーター
家族方は、母、父、自分(3人)

借金の総額:150万

自分は漫画家になりたくて上京し、日々アルバイトをしつつ賞に応募するため漫画の原稿を仕上げてきました。しかし賞の期日が近づくにつれ漫画制作に多大な時間を割くようになり、碌に働くこともしなくなってしまいました。その間は親に内緒で消費者金融で借金をしましたが、手元にお金があることで安心してしまい、やがて働くことをしなくなった事による日常の緊張感の無さがモチベーションの低下につながってしまい、賞の応募どころかますます他の消費者金融からも借金を重ねてしまうことになりました。

漫画家という夢にしがみついた結果、返済できなくなってしまいいよいよ借金の事が実家にも知れ渡ってしまいました。その時に親にこっぴどく怒られると思いましたが、精一杯の気遣いか分かりませんが、親は怒らずに、これから働きながらゆっくり夢を叶えていけばいいと諭してくれました。大人になった僕にわざわざ気を遣ってくれることが、僕は余りにも自分が情けなくなってしまい心を入れ替えました。再度アルバイトをはじめて、掛け持ちもして借金返済をコツコツやっていく事にしました。時間はかかりましたが、親の工面もあって借金は1年半程度で完済できました。

夢を追うあまり自分を見失ってはいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です